夏場の乾燥肌ケアの方法とは

肌が乾燥すると悩んでいる人は多くいます。乾燥肌になると肌の中から水分や必要な皮脂が減ってしまうので小じわができやすく、相手に老け顔の印象を与えてしまいます。さらに、肌のバリア機能が低下するので、紫外線の影響を強く受けてシミや老化の原因となったり、ニキビができたり、ひどくなると敏感肌になってしまうことがあるのです。

乾燥肌と言えば寒い冬と言うイメージが強いのですが、実は夏場でも乾燥している人が多いのです。冷房の効いた乾燥している場所にいること、強い紫外線や汗をかくことで肌の水分が蒸発してしまうこと、乱れた食生活などが挙げられます。外出先では潤いをさらに与えることができず、肌の状態が悪くなってしまうのです。

夏場の乾燥肌のケアは、まず水分をしっかりと与えるスキンケアをすることです。洗顔後には早めに乾燥肌化粧品をたっぷりとつけ、水分が逃げないように乳液やクリームで蓋をします。夏は日焼けで肌がダメージを受けている場合があるので、優しく行うように気をつけることが大切です。乾燥しているところでは濡れたタオルをかけたり水を入れたコップを置くなどして加湿を意識することでも乾燥肌対策になります。少しの努力で肌は変わっていくのです。